カテゴリ:アメリカの学校( 9 )

80’s ダンスパーティ

寒さのためお休みだった先週の80’sダンスパーティが昨夜行われた。左がプーの担任の先生。
b0014257_10321458.jpg
いつもはこんな格好はしていないが、主催者(癌治療のグループへの募金活動)なので張り切っているカッコウ。シーも大好きな先生。

ちなみに本日は熱がでたため学校お休み...。
[PR]
by taemana | 2009-01-24 10:32 | アメリカの学校

担任と親の面談

一学年の間に3回親と担任の面談がある。11月11日、アイオワシティの学校がお休みなのでその日を使って面談。これは良い考え。面談というと某学院での担任を思い出させる。親との面談が一番緊張したが。

さて、当家は朝8時30分から9時までの30分。子供達を仲良しの日本人の家に預けて行ってきた。何の話があるかというと、もちろん学校生活の話、勉強の話。

プーは皆と仲良くできているようで、読み書きも並みにできているらしい。学校で書いたものを見ると、きちんと文章になっている!もちろんwithがwis(子供達は音の通りに書くのでこのような綴りの子は多いらしい)になっていたりするが、一文がちゃんと一人で書けていたのは驚いた。算数もまあまあ。お世話好き、(おせっかいなところ?)は積極性とみなされ、こちらでは良い感覚のようだが、人の気持ちも考えないと~と思うところもある。家での読み書きも頑張って、読み聞かせも、終わったらこちらからいろいろ質問をして答えさせるようにする、など親にも課題が。

がんばるぞ~。

お土産の自画像。
b0014257_13342935.jpg
最近はこんな絵も描く。
b0014257_13345275.jpg


ついでに今日はFlu Shotに行ってきた。インフルエンザにかからぬよう。プーは注射というだけで途中から泣きべそだったが、シーもプーも痛くなかったらしい。打ってくれた看護師さんが上手だったか。病院時代のインフルエンザ予防接種はもちろん顔見知りの看護師さんだったが、あ~あの人だけは~~と思うこともあったなあ。
[PR]
by taemana | 2008-11-12 13:37 | アメリカの学校

小学校オリンピック

10月10日、体育の日(というのは昔?)オリンピック、運動会?がプーの学校で行われた。プーの担任がまとめ役だったのでボランティアへ。自分は校庭で行われたtug or war、綱引きの当番だった。でも心強いことに2人の他のベテランボランティアの方と一緒で安心だった。primary field低学年の校庭では綱引きと二人三脚。高学年の校庭では輪投げ。屋内にもいろいろセッティングされていた。15分間づつのローテーション。これは良い考え。子供達の待ち時間なし。

色でチームが分かれていて、それぞれk-6、キンダーから6年生までの10人ほどが組まれている。プーは赤チーム。赤のTシャツを着ていかなければ鳴らなかった。そのほか、色が濃い青、薄い青、ネイビー、茶色、白、ピンク、濃い緑、薄い緑などなど。おかげで近くのWalmartにこの学校の親達がTシャツを捜し求めて売り切れになったらしい!

というわけでtug of war。適当にボランティアが15分間の内容を決めていいのだが、まずは2つの色チームをK(幼稚園児)から3年生まで、4から6年生までを2組に分けて行う。それから小分けに5,6年、3,4年、1,2年、幼稚園児のみを行う。2色のチーム全員での対決、先生含めて対決、そして盛り上がりはチーム別ではなく男女の対決。
b0014257_12495316.jpg
隣で行われていた二人三脚、ふと見るとプーとBちゃん、オレンジのところでUターンしないといけないのに、遠くまで行ってしかもオレンジのコーンをまわらなかった~。
b0014257_12515128.jpg
とにもかくにも良い天気で楽しんだオリンピックだった。
[PR]
by taemana | 2008-10-11 12:52 | アメリカの学校

キンダーガーテン5週目

あっという間に毎日が過ぎていく...。なんとなく毎日のリズムも整ってきたが、これからが朝起きるのがつらくなる時期だ。

朝は6時起床(だが15分から30分二度寝することあり)、6時30分にはシーを起こし、7時にはプーを起こす。7時15分から食事、8時終了。プーパパは7時30分に出勤。8時10分から15分に学校に出発!学校からはシーと散歩して帰ってくる。家事をおわらせ、買い物やお遊びの時間。昼食昼寝を終えたら2時45分には(木曜日以外)プーを迎えに出る。学校までは10分、朝は8時20分から25分にクラスのドアが開いている。それ以外は正面玄関からしか入れない。迎えは2時55分のベルと同時にドアが開いてすぐに閉まる。結構閉鎖的な学校かな。
それから30分から1時間ほど校庭で遊び、帰宅する。

ということで一枚、仲良し双子ちゃんとともに帰宅途中のところを撮った。2週間に一度はプレイデート。同じ通りに住んでいる。
b0014257_1262110.jpg

[PR]
by taemana | 2008-09-25 12:14 | アメリカの学校

前日の誕生日パーティ

土曜日の大パーティの前日に、突然プーのクラスでその日が誕生日の子のパーティに呼ばれた。といっても時間が決まっているわけでもなく、学校が終わった3時から5時の間に自宅に行って遊ぶというお誘い。迷ったが、行ってみた。これまた遠い…。アイオワシティの空港をこえてさらに5分ほど走る。時間的にはそれほどではないが、まっすぐの道をそれなりの速度で行くとかなり遠い。家畜のにおいがしてくる頃、メールボックスに風船がふわ~と浮かんでいた。これが目印か、と曲がってみると、車が10台ほどずらっ。クラスメートら結構な人数来ていた。郵便受けから家の玄関まで遠い…。右には簡易プール、といっても自分の背より高い。奥には2箇所プレイグラウンド、プレイハウスがあり、左手には立派なトランポリン。早速シー遊ぶ。
b0014257_1243377.jpg
b0014257_1244452.jpg
b0014257_1245989.jpg

飾りも何もないけど遊んでケーキとアイスクリームを食べるだけというシンプルなそんな誕生日を祝うというこちらの家族、素敵。ただこの広さとこの遊び場があればこそだけど…。アメリカでのおもてなしの仕方を学んだ午後だった。
[PR]
by taemana | 2008-09-10 12:07 | アメリカの学校

校庭の人気者

校庭の人気者はプーではなくこの自家製なすびを持ったシー。
b0014257_11553558.jpg
学校に迎えに行くと、本来ならばすぐ家に帰らなければならない(駐車スペースがないことが主な理由)が、30分ほど遊んで帰る。もちろんシーも。そこに子供達、仕事をしている親のために延長して面倒を見てくれるプログラムに参加している、が来て一緒に遊ぶことになるが、どうやらその4,5年生の男の子がやけにシーのことを気に入っているのだ。群がってシーが見えないくらいに取り囲まれて追いかけられて最後は「ママー」とくる。しーはぶら下がってジャンプできたんだよ~と口々に言ってくるし、なんだかプーはちょっとやきもきしてくるしでこれも大変…。

毎週金曜日にまとめていろいろなお知らせごとをファイルにはさんで持って帰ってくる。読むのに一苦労なのだが、重要なことも書いてあるので読まなくてはならない。よ~くランチタイムのスケジュールを見てみると、ランチルームに入って退出するまでになんと20分しかなかった。なんとかプーはペースに慣れてきたようだ。でも早く食べるせいか、お腹のもちも悪い。今日など学校が終わってバナナ2本にブドウも食べた。もちろん夕食も。早食いはやめた方がいいよと学校に言いたくなるのだが…。
[PR]
by taemana | 2008-09-03 12:06 | アメリカの学校

10日終了後キンダーガーテン

始まって10日、今週にはいってプーに疲労がみられてきた。他の子供達もそのようだ。毎日の送り迎えで仲間もできた。今夜はParents Conference、先生から学校での生活の説明を受ける。プーパパはシーとプーの子守。

スケジュールなどの資料を渡され目を通すが、毎日のスケジュールは忙しい。疲れもたまるはずだ。8時25分から始まり2時55分までお昼ご飯を入れてお休み時間は一時間ちょっと。例えば火曜日

8時20分  クラスにはいる
8時25分~ 出席、ランチ選びなど
9時~     国語
10時15分から 図書館 あるいはアート
11時5分から お話読み聞かせ
11時15から ランチ
11時50分から算数 休憩
12時30分から公民
1時10分から 国語ー会話による
1時35分から 算数および科学
2時25分から 帰りの準備
2時55分    お迎え

他にもコンピュータのクラス、音楽のクラス、詩のクラス、ゲストリーダー(親がスナックを持って読み聞かせをしに来てくれる)タイム、3,4年生の子供達とペアになって何かをする「Buddies」タイムなどある。

くたくたの2週目の訳がわかった。上記のように忙しいのだ。

今夜はプーのしたプロジェクトなどを見せてもらった。なかなか面白く、絵日記やアートプロジェクトなど盛りだくさんにやってくれている。プレスクールで読み書きを少ししていたのが良かったのか、文字の認識や発音の認知などは良くできているということ。ほっと一安心。家では日本語を使ってくださいね、と担任の先生からも言われた。

算数は国自体が去年から力を入れ始めたのか、ゴールがすごい。足し算引き算をシンボルで描いてしかもそれを文章で言えたり読めないといけないらしい…。他にもグラフの分析、基本的な確率の概念などなど…。いろいろ家でもやってくださいネーと参考のパンフレットまで渡される。うーん。

美術のゴールや内容も面白い。早速今日はセルフポートレートを飾ってあったので見たが、名前を隠してあり、どれが自分の子供が探し当てていた。また、人を題材にして描いた絵にお話をつけて廊下に飾ってあった。アートの先生が気を利かせちょっと面白く素敵なお話になっていた。他にもゴッホやモネなどの作品をまねするらしい。写真を撮りたい気持ちでいっぱい、だが誰一人として撮っていない…。次回は勇気を出して撮ってくるつもり…。

問題解決法プロブレムソルビング法を教えるクラスもある。例えば喧嘩したときには手を出さずに、相手の気を悪くさせないように言いなだめる方法など。自分が聞きたいくらいだ。

授業の内容はこのくらいだが、時間は休み時間もクラスとクラスの間にほとんどないが、ランチの時間がかなり短いので、ささっと食べれるものをもう少し工夫しなければならない。おにぎり弁当が一番良いのだが。

ということで今夜のミーティング、有意義な会だった。
[PR]
by taemana | 2008-08-28 11:37 | アメリカの学校

最初の一週間

なんとか最初の一週間が終わった。お弁当も作り、遅刻をせずに行った。ほっ。初日だけプーパパも一緒に行く。やはりこちらは家族全員で初日はお見送り状態。そのあと親にはコーヒーサービスがあったが、プーパパ仕事に行くと言って行かなかった。

一番最初の日と木曜日は1時55分まで、あとは2時55分までのクラス。キンダーは2クラス、あと1stグレード、一年生から6thグレード、6年生まで12クラス。8時20分になるとベルが鳴り、それから教室のドアが開いて児童らが教室に入ることができる。

昼食は全校生徒が一つの部屋で食べる。先生から3日目に言われたこと、「食べるのが遅いですねえ」。この一週間、全校生徒のなかの最後か、最後から何番目かだったらしい。お弁当の量も減らしてみたけどやはりなぜだか最後。先生に追われて出ているらしい。頑張れプー。

時には4年生の知り合いの日本人のお姉ちゃんが本を読みにプーのクラスにきてくれて、プーと一緒に作業をしてくれた。嬉しかったようだ。上級生が下級生のクラスに行って本を読んだり作業を一緒にしたりするのは非常に感心する。

ところでこのあわただしい一週間、2日目帰ってきてみると学校から留守電に、どこかの公園に銃を持った人がいるという情報からロックダウンしたというメッセージ。そのころ校庭で遊んでたが…。ちょっと悲しい事件があったが、当人以外皆無事でよかった。

学校が終わると校庭でいつも一つ学年が上の日本人のお友達を待って遊んでスナックを食べる。楽しみなのだ。こうして一週間無事に終わる。一週間頑張ったご褒美に銅メダル!大喜びのプー。でも今週も期待しているらしい。
b0014257_12462445.jpg

[PR]
by taemana | 2008-08-25 13:03 | アメリカの学校

Kindergarten 初登校

b0014257_1163192.jpg
8月18日から新学期が始まった。子供達にとっては初登校。特にKindergartenの児童らは両親がお見送り。8時20分までにクラスの裏口に行ってベルが鳴ると先生たちが児童らを迎える。キスしたりハグしたりと大忙し。事前に特にKindergartenはクラスの担任が知らせられる。一度仮登校というのがあったのでそこで大まかなクラスわけをしたのだろう。プーの担任の先生は元気のよい大柄な先生。

アイスクリームソーシャルというのが学校が始まる週の前の木曜日に行われた。クラスに家族で行って挨拶をしてアイスクリームやクッキーを食べる。クラスに入るとちゃんと机やロッカー、レター受けに名前が貼ってあった。
b0014257_11183553.jpg


心配していたランチもお弁当をちゃんと自分で食べて後片付けもしている。5学年や6学年なども組んでキンダーのヘルパーをしてくれているようだが。ちゃんとありがたいことにボランティアで手伝いに来てくれる方々がいらっしゃるのがすばらしい。

初日は毎週木曜日と同じく1時55分にお迎え。その後は日本語学校幼稚部で一緒のSくんと思いっきり遊ぶ。これが日課になりそう。プーは相当嬉しいようだ。また明日も行く気満々で眠った。
[PR]
by taemana | 2008-08-20 11:17 | アメリカの学校