カテゴリ:言語聴覚士( 11 )

家での訓練

結局シーの訓練は自分ですることにした。どうやら教え子もやりにくいかもしれないし、そこまで重度な言語発達障害ではないので病院には頼らずに独自ですることに。市の医療費の節約になるかも。結局毎日の積み重ねが重要かも。

ということでメニュー。3,4月から以下のものをしている。

1.夜ベッドの中で作り話を一人づつする(プーも参加するが、きちんとした話をつくろうとするから無茶苦茶な話のシーより話ができない!)
2.身体とすきなおもちゃなどを使って上、下、前、後ろと身体部位の学習をする(クリアすれば様々な物体や、遠くのもの、様々な位置の名を学習予定)これまた気が乗った時しかやってくれないのでたまに食事中にすることも。

で、気を付けていることというと 
1.シーの見ているものを言葉にしてあげる(犬とすれ違ったら「小さな茶色い犬がいるね」など)
2.指示語を使わない、
3.できる限り形容詞を加えて話す(大きな箱、シーの頭ぐらいのはっぱなど)
4.様々な選択肢をあげる(お茶いる?、でなく冷たいお茶、温かいお茶、ジュースなど)
5.答えの推測できる質問をできる限りする(幼稚園で誰と遊んだのかなど)

まあ頑張ってみよう。この頑張りがどれくらい効果あるかはわからないが、やらないでしまった~と思うよりやっておいたほうがいいか~ぐらいの気持ちで。
[PR]
by taemana | 2011-05-31 20:07 | 言語聴覚士

ことばの検査で考えたこと

昨日シーのことばの検査に行った。近くの病院を探したが、結局教え子にしてもらうことに。本人は緊張気味だったが、無事終了。といっても20分したくらいからシー投げやりな態度になってきたので早めに切り上げ。まあ想像していた通りの答えが返ってきた。一年程のことばの遅れ。他にも気になる点はあったもののまあ今からの発達を見ていく予定。明日検査結果を聞くが、検査室で他の人にやってもらうのは新たな発見があって先が見える。シーも発音がおかしいところがあったのでまだ発達段階かな、と思ったが抽出の問題らしい(自分の思うには)。ここは英語の発音との混乱もありそう。ぷーパパが日本語で「トラック」と言ってもシーが復唱しても英語の「r」が入った「トラック」と言う。小学校になれば抽出に関しては大丈夫と思う。ことばが出ないことに関してはあまり心配をしていないが、理解できていない、というのが単なるもっている言葉が少ないだけか、それともそれ以前の問題かというのを知りたかった。大まかに自分は理解した。

発音というと去年ぷーの幼稚園で年長さんのクリスマスの劇があった。その中で6割は発音の発達段階の子がいたのには驚いた。まあ6歳になってもまだ発達段階なのだから当然と言えば当然。でも以前に比べると全体的に多くなっているらしい。よく噛まない、硬いものを食べ慣れないなど食生活も関連するのか。

自分は小学校で図書委員をしている。PTA独自で図書を持っており、週一回貸し出しをする。一回につき一人30人から50人ほど貸し出し返却手続きをしている。やはり低学年が借りる率は高い。ある一年生クラスは全員が借りに来ることもあるのでかなり一年生と会って話す機会も多い。がそれほど発音に問題のある子に合わない。思考、行動に問題あるかな、という子はいるが。年長後半から半年程度でほぼ発音の問題が解決するのか?とうーんと考えてみた。同時に何が起こったのか、考えられるのは体全体が大きくなってきた=構造上うまく発音できる体幹となる?口の中の変化?(すべての年長さんと一年生の口の中をじっくり見てみたい~~)、学校で相互学習する???いろいろと考えてしまう。考えながらこつこつと仕事をしている。

ことばの発達は個人でかなり違うが大まかな流れはある。シーが主流からどれだけ離れているか、また明日検査結果を聞きに行く。ついでに担任をしていた子もいるらしいので彼女にも会うのが楽しみ。差し入れでも持っていくか。
[PR]
by taemana | 2010-10-14 22:55 | 言語聴覚士

新しい道具

b0014257_20363058.jpg
新しい道具をゲット。ぷーパパからもっと良いものを購入すればと言われたが、自分にはこれで十分。大人用でなく、新生児用。ぷーパパのはもっと立派な重いものなのでどっしりと重さを感じるが、これ軽い。ぷーもシーもこれで遊びたいようだ。値段が値段だけに壊れない程度にお願いしたい。
[PR]
by taemana | 2010-06-25 20:36 | 言語聴覚士

仕事終了

本日で仕事が終わった。もう2,3年は働くことはないだろう。電車ではやはり特急より急行の方が換気が良いのか、あまり気分は悪くなかったが、仕事後はやはり疲れた。しかも昨日よりお腹の調子悪し。プーパパ当直でおらず、しかもトイレに何度となく駆け込む状態。今夜のブログはここまでにしよう。
[PR]
by taemana | 2006-01-19 23:45 | 言語聴覚士

機能性構音障害

プーの日課は保育園のない日は午前中と夕方に公園で遊ぶ。保育園のある日は夕方のみ。

夕方遊ぶ公園だが、そこで7歳の女の子がいつも小学校が終わって来る。この子が明らかな機能性構音障害(「さかな」が「たかな」などという言葉になったりする)なのだ。久留米市の小学校は結構言語障害等に力をいれているということなので多分訓練は受けているとは思う。仕事柄耳について仕様がない。

まあこれは良いのだが、いつもその子が真菜の遊び道具を欲しがってしまうのが困りもの。三輪車を持って行くと乗って、シャボン玉を持っていくとすべて使い切ってしまう。今日はとうとう真菜のコマをその子が取って逃げ、真菜は呆然とし「ちょっと我慢してね」と真菜を言って聞かせて唇をかんでいる。

ふー。その子とボール遊びまでしなくてはならないので結構大変なのだ。言語以外にも性格的な問題や他の機能の問題を調べたくなるのだが。7歳になって機能性構音障害が耳につくほど残っているというのは、もしかすると他にも何か問題がありそうだと感じる。

まあ、他の親の子であるので何も言えない...。ここが難しいところである。
[PR]
by taemana | 2005-10-08 22:40 | 言語聴覚士

努力の足りなさーひとりごとー

毎回仕事が終わるたびに私の努力の足りなさに落ち込む。今年こそはと思いながらも満足行く結果にならない。翻訳ならなんとか満足いくことは多い。が、こちらの仕事はなんとも難しい。人が相手だからだ。もともと人づきあいは良いほうではない。どちらかというと実験やぴしっと決められている仕事向きであると思う。面倒になるのだ。などといっていると怒られそうである。とにもかくにも今日が区切り目である。来期もプーパパの移動次第でどうなるかわからないが遠くに行っても通わなければならないことになる。この仕事をする人が少ないからだ。なりたくないのも分かる気がする。私もまだまだ未熟である。来年度、また新たに頑張ろう。今週中にはプーパパの移動先が分かるはずである。ちょっとどきどきである。
[PR]
by taemana | 2005-01-25 21:16 | 言語聴覚士

久しぶりのお仕事

プーパパの頼みで久しぶりのお仕事。たったの15分程度だったが、もっとやりたくなった。

ここ4,5日、仕事が突然入ってきたりとそうとうに忙しかった。年末にかけ、また忙しくなりそうだ。体調を整えておこう。今夜は上品な焼き鳥を食した。
[PR]
by taemana | 2004-12-03 23:34 | 言語聴覚士

ギャンブルについて"EQ"

人間の頭は4つの部位に分けてある。前頭葉、側頭葉、頭頂葉、後頭葉。字のごとく、頭の位置をそのまま想像して頂ければ良い。それぞれいろいろな機能を備えているが、学術的に言う"IQ"というものは主に後の後頭葉の検査である。それに対して前の方の検査、"EQ"とよばれるものを検査する方法はやっとでてきたらしい。

IQは高くてもこのEQが低ければ社会生活に問題が生じるようである。頭良くても、あるいは頭では理解できていてもできない、所謂「わかっちゃいるけどやめられない」状態が続くとEQは低いようである。

方法:"見本"と書いたお札を使ってカードでギャンブルをさせる。引くカードには4種類あり、報酬と罰金の率が異なる。当たれば大きいが罰金も大きい、当たりは少ないがその代わり罰金も少ない、など等。最初は皆試行錯誤だが、最終的には安定した当たりは少なくても罰金の少ないモノを選んでいくらしい。

疑問:もともとそういう「気質」の人もEQの障害だろうか…。気分によってはそのような「賭け」に出たいときもあるものだ。私もEQの障害があるのではないかと不安になる。
  
[PR]
by taemana | 2004-10-24 22:51 | 言語聴覚士

追想ー若者のコミュニケーションについて

1年半前までの仕事に関しての追想兼ぼやき。今の若者はどうやらコミュニケーションが下手である。メールでしかコミュニケーションを取れない子が多い。これも時代の流れか。私自身も決して上手なほうではない。またこの仕事に関わっている人も上手とはいえない人が多い(同業者よ、ごめんなさい)。以前は年齢層の高い人ばかり見ていたが、言葉をしゃべれなくても気持ちよいコミュニケーションがとれたものだ。「先生」と呼ばれる職の方々はやや難しいところがあったが、それでも非常によい関係は持てたと感じられた。が、今その卵らは礼儀も何もない。当然良い人もいるが、20代前半では問題な人が多いような気がする。私の周りだけかもしれないが…。

とながながと愚痴。これも主人が連休中仕事でいないのでビールに焼酎を飲みながら書いているせいか。部屋は散らかり放題。明日の朝には片付けなければ。
[PR]
by taemana | 2004-10-11 00:32 | 言語聴覚士

福岡県の言語聴覚士

認知度の低い言語聴覚士(ST)だが、最近わずかながらに広まってきているようだ。福岡県でも10年前は30人程だったのが今は200人近くいる…と思う。詳しくはSTFukuoka で見ていただきたい。
プーも一歳になり、そろそろ部分復帰でもしたい気分だ。学生になりたかったが、都合でしばらく我慢。それならば週一回でもお仕事に行きたい。教えにも行ってるが、それではつまらない。それなりにおもしろさもあるが…。探してみよう。現在は講義に向け、いっちょ教科書(といっても冊子)を作ってみるかと意気込んでいる。プーが寝ているつかの間のことである。
[PR]
by taemana | 2004-08-25 11:22 | 言語聴覚士