<   2005年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

紙おむつ洗濯

紙おむつを洗濯したことがあるだろうか。決して実験ではなかった。なぜならある程度予測はつくからだ。プーは自分で洋服を脱ぎ、洗濯物いれに入れる。その中に紙おむつが入っているとは思わなかった。洗濯物を干そうとしたとき、最初はティッシュが入っていたかと思った。が、寒天のような白い粒がプーパパのズボン、しかも紺色だったので目立っていた、に沢山付着していた。あれーと思ううちに紙オムツ発見。形状は保たれているのだが、中身が破れてそれが飛びだしていた。おしっこを紙おむつ内部に吸収させ、気持ち悪くしないためにはそれをゼラチン状にさせるのが良いのだろう。どれくらいの量の水分を吸収するかまでは調べたことはないが、小さいおしっこ吸収パッドであれば大体600cc吸収するのでまあ紙おむつもその程度と考える。当然洗濯機一杯の水の量は閾値を越える、しかもぐるぐると遠心力も加わる洗濯をされるのだろうから当然破れる。という結果だった。

おかげで午前中は洗濯物についたゼラチンを取り、洗濯し直し、プーの病院(またもや風邪がひどくなったのだ)へ行ってと大忙し、しかも今週は仕事が多い。プーの起きている間は相手をしながらというのだから仕事準備をしたいがなかなか手につかず、ブログへ。

紙おむつは洗濯しないで下さいと記載されているが、だれもこんな手間の掛かるようなことをする人はいないだろう。紙おむつ使用している人は気を付けましょう。
[PR]
by taemana | 2005-11-28 12:32 | 日常生活

お引越し

b0014257_20104343.jpg
23日にホーが新築の家へお引越し。昼にその家へ行き、ホー、プーと自分は引越しの間、お留守番をしていた。とってもステキなお家。モダン過ぎて水道の蛇口のひねり方さえ自分には分からず、風呂場で手を洗っていた。お風呂も広い上にジェット付きのバス。留守番の間はアトリエを遊び場としていた。とっても広い。飛行機も見え、子供達は大喜び。
b0014257_20111675.jpg
残念なことに外観等を撮り忘れ、遊びに夢中だったために上手く写真も取れなかったので良く分からないとは思うが、窓も多くて明るい。2階にリビングや台所があるが、台所がこれまた使いやすそうな作り。長いカウンターが良いのだ。ホープーはクローゼットに入り込んだりと楽しく遊んでいた。

しかし階段を上がるとき、カタツムリの乗用玩具を持って上がっていたら壁にゴン。新築家主ら一日も住んでない真っ白い壁に青い塗料を塗ってしまったのだ。ごめんなさい...。
[PR]
by taemana | 2005-11-25 20:11 | 日常生活

結婚記念日

今日は結婚記念日。でも仕事でへとへと。しかも外食もプーがいるのでなかなかできない。ということでデパ地下で日本料理とフランス料理惣菜を買ってスパークリングワインでちょこっとお祝い。ささやかなディナーとリラックスタイムだった。

ホーの引越しの様子はまた明日。とってもステキな家なのだ!が、全体を撮っていない。ビデオを持っていくべきだったのだ...。
[PR]
by taemana | 2005-11-24 22:47 | 日常生活

吃音について

以前事故で吃音の方に対応をして頂いたと記載したが、吃音(きつおん)というのは何かとponkiさんに聞かれ、そーか、この言葉自体あまりなじみがないんだと思った。

言語聴覚士の分野になるが、どちらかというと私の苦手な分野である。吃音というのは簡単にいうと「どもり」。話はじめに何度も同じ音を繰り返してしまったり、それに伴い随伴症状がでたりと様々な様相を呈す。非常に困った症状で特に緊張する場であるとひどくなる。

結構高学歴の人に多かったりする。一緒に働いていた医者にもいた。彼の親も医者だが同じように吃音だったようである。一度、学会発表するということで練習をしたが、5分以内で話さないといけないところ、10分以上掛かった。上司は「うーん...。」結構顔が引きつったりと随伴症状も多い方だったので一応もう一人一緒に行ったようだ。でも無事に彼自身発表を終えて帰ってきた。ほっ。

彼の入院紹介の時には時間が掛かることは皆承知である。というように、こういう方もいらっしゃるんだーと思っていれば突然出会っても驚かない。ようは周りにこのような理解があれば良いのだ。
[PR]
by taemana | 2005-11-21 22:24 | 体と健康

メキシコ料理 Chili-Joe

b0014257_23391796.jpg
突然プーパパがタコスを食べたくなったので福岡市東区の思い出のChili-Joeに行った。ここのビーンズがトルティーアにのせ、サルサソースをのせて食べて美味しいのだ。引越し準備でとーっても忙しいホー家族を誘って行く。子供達はトルティーアのチーズはさみ、チップス、タコス、ブリトスを注文。

子供達は注文の品がくるまでもうおおはしゃぎ。最初はホー照れまくり。なんとかわいい!プーはつつきまくり!

お皿がくると早速「おいしそー」と声をあげる。驚くことになんとホーはお祈りできる!すばらしい!プーはというと慣れてないのだが、なんとなく雰囲気でお祈りの形、ホーに合せていた。
二人はチップスを勢い良く食べつくし、ホーはトルティアのチーズはさみを黙々と食べていた。プーはもう遊び気分。最後にもちろんデザート。ホーは大きなアイスをペロリ。プーはあまり好きでなかったようで2口くらいでやめる。

ということでとっても楽しいディナーでした。有難うございました。
[PR]
by taemana | 2005-11-20 23:39 | 福岡美味しい話

ラット

「動物慰霊祭」ラットはちょっと怖いと記載しているが、実は大学時代、ルームメイトがラットを飼っていた。これは茶色い小柄な種類だったが、一匹がラティ、その妹をキャシーと名づけていた。愛らしい丸い耳とそれぞれ異なる体の模様があり、ルームメイトの子供は毎日世話をして喜んでいた。

もちろん籠に入れて飼っていたが、賢いものである日、籠の鍵を開けて部屋のどこかへ行ってしまった。ラティはのこのこ台所にいたところを捕まえたが、キャシーは何日かして食器洗い機とキッチンの隙間にいた。なんとか脱出させたが人騒がせな2匹だった。

大体彼らの寿命は2年程度。2年程経った頃から2匹ともモモの付け根に脂肪腫ができてきた。そこで大学に持ち込み(専門だった心理学部だったが、動物も扱っていたのでそこのスタッフに頼んだのだ)、摘出術。術後はりんごなどを食べさせるようにとのこと。忠実に守る。その半年もしないうちにラティ死亡、それから2週間後、キャシー死亡。このようなこともあったなあと思い出した。
[PR]
by taemana | 2005-11-18 23:40 | 日常生活

車の事故に関わった人たち

何とかいろいろと処理が終わった。初めての自動車事故だったので色々と勉強になった。

警察:事故現場が混雑している片側一車線の道路だったため警察の来る前に相手方の仕事場に移動してしまった。本当はその場で連絡しなければならなかったのかしら。とにかくほんの何百メートル先だったのでいいやと思い移動。しばらくしてそこへ警察が。状況を聞いて免許証、車検証、自賠責保険証を提示。そこで戸籍の苗字の漢字を変更したことについて話こむ。事故を起こした相手はそんな気分じゃないだろに...。

医者:念のため翌日検査をしてもらったが、babyになにかあるというより(よっぽどの外傷でない限り)胎盤剥離が事故では多いらしい。それはもう痛みがひどく、とことこと受診できる状態ではないらしい。ということで母体は大丈夫。

baby:こちらも大丈夫。エコーでbabyは体をくの字に曲げてリラックス状態。(なんとも体が柔らかいものだと驚いたが、検査技師さんは結構多い体位よっと言っていた。)

プー:全く動じない。相手の人に「びっくりしたでしょー、ごめんね」と言われても、チャイルドシートでぼーっとしたまま。

病院:保険診療できるものと思っていたら、事故の場合はなんだか分からないが相手方が払うらしい。その場は全額自腹。結構エコー代高いのだ。通院している病院は事故課があるくらい車の事故のけが人が運ばれてくる病院なのだ。

保険会社:相手方も当方も同じ保険会社。同じ会社でも担当が違うので最初は混乱。そういう場合、保険に関して全く知識のない自分にはどうなるかさっぱり分からない。とにかく人当たりの良いソフトな話方なので同じ人かと思う。

レンタカー会社:相手方の車はレンタカーだったので、早速電話があった。その担当者が吃音を持つ方。留守電にメッセージがあったのでかけてみると、結構緊張していたのか最初何を言っているのか分からなかった。が、そこは当方の分野。慣れていたので良かった。しかもレンタカー会社なので代車の手配等は本当に迅速におこなってくれた。

修理工場の人:当方の普通自動車は一見たいしたことはないが、バンパー取替え、バンパーの上下の部分のへこみ修理に時間が掛かるらしい。代車にチャイルドシートを2人掛かりで付け替えてくれた。

相手の人:まだ若い女の人でどうしてよいか分からなかったようだ。夕方親御さんと謝りにきた。

自分:相手が若いだけに自分も「良く分からないー」と言う年頃でもないと思いながら処理をしてきた。
[PR]
by taemana | 2005-11-17 23:27 | 日常生活

なんかぶつかった!

今朝、パン屋さんに行っている途中、車がぶつけられた。右後方、プーが乗っている斜め後である。相手が軽乗用車だったのでそちらは正面ぐちゃーとなったが当方の車はぼこぼこっとなったぐらいで済んだ。これがトラックだったらと想像するだけど怖い。衝撃はあったが、プーも泣くことなく無事。自分は念のため明日受診してみる。今日は処理で忙しいのだ。

横断歩道で完全停止、ブレーキをかけた状態だったので、前を横断していたおじいちゃまを傷つけることもなかった!よかったよー。

でもなんかぶつかったと思ってびっくりした。
[PR]
by taemana | 2005-11-15 13:52 | 日常生活

動物慰霊祭

そろそろ動物慰霊祭の時期だ。まあ場所によって異なるだろうが私の知っているところでは秋のちょっと寂しくなるこの時期に開催される。

動物にはお世話になった。夫もマウスにはお世話になった。私はというと鳩、ラット、マウス、羊である。実験終了後は鳩はさようなら、ラット、マウスは遺伝の研究で次の世代へ、羊はもう既に死んでいたのでさようなら。鳩なんぞ逃がせばと思うかもしれないが、賢いので戻ってくるのだ。

自分の気に入っていたマウスではshell mouseという種類のマウスが手のひらサイズでとってもかわいいのである。夫の使っていた白い赤い目のマウスとは異なる。ラットはその夫のマウスを10倍ぐらい大きくしたものだったのでグロテスク。

そうそう以前の職場で誰かが手術の練習のために食事のテーブルでマウスを扱っていたのには皆からブーイング。ショウジョウバエのいる研究室でジュースを持ち込んで怒られた人もいた。そういえば自分は素手で羊の脳を触っていたこともあったが、大丈夫だろうか。などなどと思い出す。

なぜこのような話になったかというと最近ショウジョウバエの研究をしている方のブログをちょくちょく見ているからだ。未だにトラックバックの方法を知らないため、トラックバックをしていないのだが、なかなか私にとってはおもしろい。生物ということで倫理規定等があるのかどうか。米ではとても厳格なのである。ましてや人間を研究となると許可が下りるのに半年以上掛かってしまう。

とにかく毎日何度も聞く救急車の音(救急病院が裏にある)と秋の雰囲気に色々と思い出されるこのごろである。
[PR]
by taemana | 2005-11-14 09:54 | 日常生活

福岡三越横浜中華街展

今日の昼ごはん。タピオカ入りマンゴココナッツとビッグな角煮中華まん。美味しかったー。プーパパにも一個お土産。
b0014257_15185252.jpg

b0014257_15185235.jpg
中華まんの角煮は湯葉で包まれ肉汁がぎゅっとつまっていた!
[PR]
by taemana | 2005-11-10 15:18 | おいしい話