<   2005年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

宮崎へ帰省中

b0014257_1514184.jpg
帰省するときには宮原SAまで寝てそこから実家まではキャーキャーと騒いでいた。福岡へ帰る時には実家をでてから自宅までぐっすり寝ていたプーだった。
[PR]
by taemana | 2005-12-28 15:14 | 日常生活

GatewayかDellか

2時半から眠れない。プーパパが途中仕事場から電話があってしばらく付き合ってくれていたがもうぐっすり。

今使っている2001年に購入したVAIOのドッキングタイプのコンピュータ。プーパパは多分去年入手したappleをアメリカへもって行くだろう。で、自分はもう3年も使っているし、なんだかCD-ROMの調子も悪いよう。まあ十分に活躍してくれているのだが、渡米後3年もつかどうか。

ということでちょっといろいろネットでコンピュータを見ていた。米系のものでシンプルなものが良いと考えるが、結構自分はGatewayが好きだったのだ。初めてtower型を導入したのもgatewayらしい。自分が初めて扱ったのはIBM。それからapple, gateway, sony。キーボードのタッチはIBMの重さが好きである。ノートはIBMとVAIOしか使ったことがないので分からないが、以前福岡にgatewayの店があったときに触ったがキーボードのタッチがちょっと軽め。

とにかく今回はシンプルさを求めたい。

コストパフォーマンスはgatewayもdellも同じくらいかなと思うが...。ご存知の方いれば教えて欲しい。まあ10万円位を考えているが。どちらにしてもプーのおこづかいをちょっと拝借するかも...。
[PR]
by taemana | 2005-12-27 05:07 | 渡米準備

ローストターキー

今年もやってきました。ローストターキーの時期。作りましたよ。でもその写真プーパパのコンピュータの中。後ほど掲載します。

ちょっと今年は作り方詳しく。

今年はまだフランス産のターキーが入荷する前に買いに行ったのでブラジル産。肉汁の量が違う。去年のフランス産が良かった。


用意するもの
量は鳥の大きさにもよるので適量で
鳥(七面鳥でもチキンでも)、オリーブオイル、ローズマリー、粒胡椒、塩、(ソース用に鶏がら、白ワイン、香味野菜:たまねぎ、トマト、人参、セロリ、ベイリーフ、タイム、にんにく、塩、こしょう)醤油、バター、食パンか大麦かお米か

付け合せの野菜

パン、はけ、糸、針(あるいは爪楊枝)

b0014257_4481978.jpg

ロースとターキーの作り方
①解凍させる。大きさにもよるが常温で一日置いておけばよいだろう。冷蔵庫だと2、3日は掛かる。

②鳥を空腹にさせる、というのだろうか、内臓が入っている場合は取り除き洗う。

③お腹の中をタオルで拭いて好みでローズマリーと粒胡椒を入れて表面に塩をふってすりこむ。

④その中にスタッフを詰める。スタッフはセロリ、人参、パセリ、たまねぎ(今年は長ネギにした)オレガノなどなど好みのもの。プラス食パン(一日くらい乾かしておく)とかお米、大麦などを混ぜておくと良い。野菜は適当な大きさ(一口大かそれより小さく)に切って電子レンジかフライパンでしなっとさせる。味付けはグレービーがあるのであまりつけていないが、バターなどをちょっと入れておくと良い。

ミルポワ(香味野菜)としては他にトマト、ベイリーフ、タイム、にんにくなどがある。上記およびこのミルポワは中にも入れるし、鶏がらを加えて鳥の周りにも置くこともある。

⑤たこ糸を張りで両モモから首皮を通して裏で結ぶ。なければ適当に楊枝などを代用。とにかく「穴」をふさぐ。

⑥鳥を背を上にしてロースト鍋(できればパエリヤ用のパンが良いがなければバットなど何でも良いが)置く。その際、オリーブオイルをパンかバットに塗っておく。

⑦1キロくらいのチキンを代用するのであれば170度のオーブンで40分ほどで完成するだろう。ただ七面鳥だと大きいのだ。4キロくらいあるものであれば160度のオーブンで4時間程度。

⑧時々(15分置き位)はけで鳥の表面に油を塗る。当方ではワイン、油、醤油を混ぜた液を最後の1時間くらいは塗っているが。ぱりっと仕上がるのだ。

焼き上がりの目安:必ず毎年お腹をこわすひとがアメリカではいるようだ。ということで温度計が必要である。去年のようにポップアップタイマーがついていると便利なのだが。温度が80度~90度以上であればOK.ぶすっと温度計をさしてしばらく待っていれば良いだけ。気をつけましょう。

はじめは高温で表面を急激に色づけして引き締め、油の膜で肉の内部から出てくる肉汁を閉じ込めてしまうのである。このぱりっとした皮が美味しいのである。

ソースの作り方(当方は懐かしいアメリカのインスタントTurkey Gravy Sourceを使って速攻で仕上げるが。粉に100ccの水を混ぜ火にかけるだけ。)
b0014257_4472178.jpg
タコミックスはビーンズの味付けに使った。

①ミルポワとガラを別鍋に移してロースト鍋の油を切って白ワインを入れて底に残った焼き汁をこそげ取る。

②水と①をガラの鍋にいれアクを撮りながら弱火で30分から40分煮てこす。

③再び火にかけて煮詰め塩、胡椒で調味してソースを仕上げる。

でデコレーションして終わり。今年はプーがデコレーションをしてくれる。

他に
・マッシュドポテト
・グリーンサラダ
・ビーンズ
・バケット(美味しいパン屋のバケットは予約が必要だった!)
・スパークリングワイン

を用意して完了。
b0014257_4474962.jpg
浮羽で作られたスモークの鴨肉、美味だった!

カービングテクニック
ご主人はカービングテクニックをマスターすること。招待主はナイフでスマートに鳥をお客に取り分ける。糸などは取っておく。
①モモ2本、胸2枚にまず切り分ける。切る際にはカービングナイフがなければキッチンフォークと包丁で。

②モモの内側から股とモモの骨の間の関節にナイフを入れて関節からはずし、関節のまわりを切ってももの骨をとる。

③胸肉をめくりとる。

④腰骨をももの骨の関節からはずす。

⑤両モモを切り終えたら胸骨の両側にナイフを入れて手羽の付け根をフォークで押さえ、胸肉の間の軟骨を切る。

⑥最後に胸肉の内側の3本の骨の一番長い骨と肉の間にナイフをいれ関節をはずし、中央の太い骨を取る。

ということで参考にしてください。

追加で
アメリカンターキーとソース
もどうぞ。
[PR]
by taemana | 2005-12-26 14:03 | おいしい話

キャンピロバクター腸炎

今朝は病院へ。先週のプーの下痢の便の培養結果を聞きに行く。まあ先週最初の受診の際もらった抗生物質を2度服用しただけでころっと治って週半ばからは便秘だったプー。もう行く必要はと思ったがまあとりあえず。

ということで写真も撮られた便の培養結果。キャンピロバクター(+3)。ビオフェルミンでは良くならないわけだ。ということでやはり血便や粘液系の便が出た際には病院に直行するのが得策。一番ひどい状態の夕方から午前中にプーパパ仕事、当直でなんのことやら多分想像できなかっただろうが本当に大変だったのだ。

キャンピロバクター腸炎はキャンピロバクター菌が感染して起こる腸炎。牛、ブタ、、ヒツジ、ニワトリ、小鳥類の腸管に広く分布。この菌に感染した犬、猫、などのペットを介して、経口感染する。潜伏期間は2~11日(平均5日)で原因を調べるのは困難。

でもプー基本的に肉はあまり食べない。ほとんど魚なのだ。プーパパから感染したのではとちょっと疑ってしまう...。
[PR]
by taemana | 2005-12-26 13:25 | 体と健康

冬至

プーやっと元気になるが8時半に病院へ。車の雪はプーパパがきれいにしてくれていた。が道路はつるつる。プー早速転び、自分も転ばぬよう気をつける。さて無事病院へ着いたが先生も遅れていた。で結局便の結果は月曜日。多分大丈夫だろう。

午前中は雪で遊んだ。久留米は結構積もっていた。久々にプー外で遊べて嬉しかったようだ。
b0014257_21185675.jpg
ゆずと南瓜。今日は冬至。おいしい恵比寿南瓜を食べ、お風呂にゆずを入れのんびり。去年の冬至のブログの写真とと比べると格段の成長ぶりである。
b0014257_21191549.jpg

[PR]
by taemana | 2005-12-22 21:20 | 日常生活

下痢

プーパパは先週病人だった。下痢。今週はプーが病人。昨日からひどい。なにか食べると60分間は10回近くおむつ交換。夜中も何度かそういう状態が続く。とうとう今朝は血便。ということでビオフェルミンをあきらめ病院へ。培養へまわされる。鮮血なのでまあ出口の出血かなと思うが。本人は元気そのもの。おむつが大量に必要になる。しかも下痢状の便は吸収してくれないので処理が大変である。おしりも赤くなっているので洗浄。

昨日はドアに右手、左手と次々と挟み(学習効果がないのだ)、両手に細長い血豆が。今朝の病院の受付ではこの前プーパパの仕事場の受付でも顎をゴンとぶつけたのと同じくぶつけて自分で怒っていた。

プーはあまり幸運な年末ではなさそうである。
[PR]
by taemana | 2005-12-20 13:01 | 日常生活

前額部打撲

先週火曜日の夜、プーははしゃいでいた。プーパパと自分は何かしていたが、ゴンという音と共にプー大泣き。あーまたやったかと思い、見てみるとプーのおでこにたんこぶ。普段はちょっとやそっとの打撲や怪我などでは泣かないプーなのでよしよしとなだめた。まあちょっと冷やせばいいだろうと思い氷で冷やしていたが、プー嫌がる。まあいいかと思いきや、翌日目の周りがアライグマのようになっていた。おでこのたんこぶは今黄色になっているが、なぜか両目のふちが青い。写真で分かるだろうか...。
b0014257_12115372.jpg


どのように打ったのか検討してみたがきっと椅子の背もたれのところにぶつかったのだろう。よく分からない。

プーパパの病院ではもっと軽い打撲などで救急にくる心配性の親もいるらしい。木曜日の保育園ではそうとう驚かれた。年末に帰省するまでに消えてほしい。
[PR]
by taemana | 2005-12-19 12:12 | 日常生活

初生け花

昨日は自分の誕生日。プーパパ体調が悪いにも関わらず頑張ってお花とケーキ、シャンパンを買ってきてくれる。プーは花瓶に花を生けてくれる。嬉しい一日だった。
b0014257_927616.jpg

[PR]
by taemana | 2005-12-17 09:27 | 日常生活

IOWA州

渡米といえども日本の25倍はある国。どこへ行くのかというとアイオワ州である。州名さえご存知でない方もいらっしゃる。そこでちょっと紹介。

アイオワ州は米国のほぼ中央に位置しており、州の東西にはミシシッピ川とミズーリ川の大型船の航行ができる河川がある。州都はデイモン市(DesMoines)。物流には便利なミッドウエストの州なのだ。

主要産業はとうもろこし・大豆などの農産物、豚・牛などの畜産物やそれらの加工食品、産業機械とその部品の製造、さらには遺伝子組替えなどのバイオテクノロジー分野などがある。そういえば放送局時代にIowa大学のとうもろこしの遺伝子組み換え法を読んだような記憶が...。

比較的安全に生活が送れる州のようで全米で子育てが安全な州にも選ばれたことがあるようだ。

「マジソン郡の橋」「Field of Dreams」などの舞台になった州。これで大体どのようなところかお分かりかも。

Iowa City 、Coralvilleに住む予定。一番近くの空港はCeder Rapids。車で州都Des Moinesまで1時間40分(110マイル)、Cedar Rapidsまで20分(25マイル)、Chicagoまで4時間の距離(約230マイル)。Omaha, St.Louis そしてMinneapolisへは約5時間。

このようなところである。
[PR]
by taemana | 2005-12-14 14:43 | 渡米準備

28週+5日

babyは約1300グラム、男の子。

順調である。母体の体重はプーのときよりややオーバー気味。これからの時期、運動のためにもプーと公園へ行きたいのだがあいにくの雨。本日は検診の病院にてちょっと気晴らし。

そろそろbabyのものを用意したほうが良いのかもしれないが、2月下旬から3月初旬の気候が分からない。2月に入ってからにしよう。

それからインフルエンザも受けていた方が良いとのこと。親子で受けに行くか。それにしても薬価は100円以下なのになぜ4千円も5千円もするのだろうか。ちなみにプーパパはインフルエンザの予防接種既に受けたが今は風邪でダウン中である。
[PR]
by taemana | 2005-12-14 13:58 | new baby