<   2008年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

T-ball終了

T-ballというピッチャーの変わりにティーにボールを乗せてそれを打つ野球のようなクラスが先週で終了。
b0014257_1135754.jpg
ファーストを守ったプー、頑張っていた。今までの練習試合では仲良しのお友達と守りの途中で座って話したり、バッターで塁に出た後、なぜか2人一緒の塁を踏んで話をしていたりとなんとものんきな2人だった。シーはというと同じ年の男の子と一緒にスナックを分け合い(取られつつ…)プーたちの練習を見ていた。2人とも頑張ったぞ。
b0014257_114117.jpg
秋からはサッカーかバスケットボールかフットボールらしきものをするか悩むところ…。とにかく「仲間と一緒」クラスが好きなようだ。スケートには戻りそうにない。
[PR]
by taemana | 2008-07-27 11:07 | アイオワ日常生活

Jonson County Fair

今年も当地方の田舎のフェアの季節。子供達はコマーシャルブースから小物をもらって喜び、家畜の動物達をみたり、楽しんだ。写真は違うけど牛も毛を刈っていた…。
b0014257_1103079.jpg
シーはトラクターに夢中。
b0014257_10571167.jpg
前年度は遊べなかった展示の遊び場で思いっきり遊ぶ。
b0014257_10581080.jpg
地方の牛乳メーカーも大きな牛を連れて参上。もちろんミルクも試飲。
b0014257_1059222.jpg

[PR]
by taemana | 2008-07-27 10:59 | アイオワ日常生活

遺伝子革命が必要???

以前のブログにも載せたが、10年以上前、働いていたときに遺伝子組み換え植物について調べていた。遺伝子組み換えというのは、植物の遺伝子の一部を異なる遺伝子と組み換え、より強い効率的な種を作るという方法。例えば食糧難やCO2削減に役立つといわれている。アメリカでは10数年前は何社かこのバイオテクノロジーに力を入れていたが、Monsanto社がより力を持ってきたようだ。主要先進国はこの遺伝子組み換え植物を野外で取り入れているが、日本はまだ行っていない。今からはこの遺伝子組み換えについての教育をまず行っていくとのこと。「地球温暖化」はずいぶん前から言われてきたが、最近「地球温暖化」が進んできたと危機感がでてきた。この遺伝子組み換え植物、将来が見えない。地球温暖化に対応すべく、遺伝子革命をおこなうべきなのか。ちなみに「遺伝子革命が必要だ」と言い張ったのはフィリピンの国際イネ研究所(IRRI)のロバート・ザイグラー所長(朝日新聞より)だそうだ。おお、まだ倒産していなかったのかと驚いた。その当時の仕事でIRRIのTシャツ持っているが、もう着ることはないだろう。

b0014257_13152996.jpg
堅苦しい話でした~。
[PR]
by taemana | 2008-07-20 13:15 | news

カリフォルニア州の運転中携帯電話使用禁止

b0014257_12473174.jpg
旅行中7月1日よりカリフォルニア州で運転中、手に持っての携帯利用が規制となった。17歳以下はそれも禁止。ティーンがまだ十分に認知機能が熟していないためか。いろいろな研究がなされている。

中途半端な規制…。これを期に携帯会社は小物を売り出した。もちろんイヤホンもそうだが、バックミラーに数字がでて誰からかかってきたか分かる鏡、ハンドルに操作ボタンをつける器具。完全に禁止にしないのはロビイストの力か。もちろんこの規制、アメリカ人でさえ「中途半端~」と訴える人たちもいる。
とにかくカリフォルニアに行く際には運転中の携帯電話使用、気をつけよう!
[PR]
by taemana | 2008-07-20 12:53 | アイオワから旅行記

San Fransisco 夏の旅行記8

Chicoからサクラメントへ帰り翌日は下記のブログの列車の博物館へ行き、その後サンフランシスコへ向かう。ぐるっと北からまわってゴールデンゲートブリッジを見ることのできる公園へ。ここになんとチルドレンズミュージアム、Discovery Centerがあるのだ。霧で見えない橋。
b0014257_9173977.jpg
からくりのお魚。シーは一生懸命回しているのだが、上の魚が動いていることには気づかず…。けっこう素敵なセンターだった。チルドレンズミュージアムに行くたびにどこのメンバーと聞かれ「アイオワ」と答えるが話題が盛り上がらない。はてにはアイダホと間違えられることもあるアイオワからの自分らだった。
b0014257_9174963.jpg
橋を通る際も霧が立ち込めて下も見えない。
b0014257_9175919.jpg
ゴールデンゲートパーク。今年の秋にオープンするとは知らずに水族館へ。動物園も候補だったがプーのリクエストで行った。その情報をくれた人がプレイグラウンドがあると教えてくれて早速行ってみた。
b0014257_9181026.jpg
くるくる回る椅子。喜び回る~。
b0014257_918222.jpg
b0014257_9183187.jpg
b0014257_9184490.jpg
なぜか日本人街の五重塔で写真を撮りたいと希望するプー。久しぶりの「弁当」を購入。美味しいっ~。
b0014257_919063.jpg
ベイブリッジを見上げるとこんな感じ。
b0014257_919999.jpg
最後はサンフランシスコ空港にある小さな空間にKidsSpace。やや大きな子向けなのか科学を中心としたものがあった。空港に行くとすかさず子供の遊び場を探す。それぞれの空港で異なるので楽しい。

かなり省略した旅行記、なんとか最後まで到着。残りの一ヶ月、プーがお休みなので何をするか考える日々が続く。そして何とか生活のリズムを整えようとしたこの一週間だった。長旅の疲れは年を追うごとに長くなるのか…。
[PR]
by taemana | 2008-07-12 09:31 | アイオワから旅行記

Chico 夏の旅行記7

サクラメントから99を北上すると右手にまず見えたのがわが母校の一つButte College。今現在も山火事との戦いである場所。一時は本校が3方面から火が迫り、周りを消防士達が取り囲んで火を食い止めたとのこと。いつの間にかChicoの分校ができていた。
b0014257_7132917.jpg
一路ルームメイトの家に行く。子供達は何もかもがおもしろい。しかもマウスまで飼っていた。
b0014257_7134061.jpg
母校の門のまえ。変わりない。が
b0014257_7135097.jpg
ガラス張りになったBMU。レンガ造りが懐かしい…。
b0014257_714219.jpg
セントラルパークも木の病気のため切り倒されこんな公園になった。
b0014257_7141556.jpg
どこのホテルも消防士達でいっぱい。Huntington Beachや南のほうの消防士たちが山火事を手伝いに来てくれている。何台要るのかどこにいっても消防車が見れるのでシー大喜び。
b0014257_7142699.jpg
懐かしいルームメイト達。真ん中の子は別れたときはシーくらいだったのに。
b0014257_7143795.jpg
Chicoの街、煙たくてあまり外に出なかった。これでもまだ良いほうらしいが、煙で遠くがかすんで見えない。ここ数日でまた悪化したようだ。早く山火事沈下してほしい。消防士の皆さんありがとう。
[PR]
by taemana | 2008-07-12 07:22 | アイオワから旅行記

Sacramento 夏の旅行記6

ヨセミテを楽しんだ後はカリフォルニアの州都サクラメントへ。北上していくともわっと焦げ臭いにおいが…。丸焼けの野がところどころ見えた。午前中のうちにヨセミテからサクラメントへ行くことができたので早速動物園へ。
b0014257_8305764.jpg
IKEA Discovery Center気になったが、閉館。
b0014257_8311251.jpg
隣に併設のFairly Tale Town。
b0014257_8313645.jpg
中は巨大なブーツの滑り台があったり
b0014257_8314746.jpg
ジャックと豆の木と巨人の足があったり物語をベースに作られたプレイグランド。
b0014257_832010.jpg
翌日は州立記者博物館へ。様々な列車がそのまま保存されていたり小物が展示されていたり。ジオラマはもちろんのことトーマスのおもちゃ場があったり大人も楽しめる場所。
b0014257_8321486.jpg
b0014257_7123647.jpg

[PR]
by taemana | 2008-07-11 08:36 | アイオワから旅行記

Yosemite 夏の旅行記5

にんにくの街Giloryから一路ヨセミテ国立公園へ。カリフォルニア州近辺は国立公園が集中している。行きたいところはたくさんあるのだが時間的金銭的余裕もないしこれが限界。サンフランシスコから5時間という利便さでかなりの観光客があったのだろう。車の乗り入れ規制が厳しくなったらしく20年程前に行ったときとがらりと変わっていた。イエローストーン国立公園より日本人に会う回数も多かった。宿は限られているため一年前からの予約が必要。当家は公園内ではなくちょっと離れた場所に確保。これでも満足~。プライベートビーチもあったし。
早速その「ビーチ」で遊ぶ。アメリカでは海に限らず湖でも川でも泳げる場所をビーチという。
b0014257_74305.jpg
翌日lower fallまで散歩。プーとパパだけ滝の近くまで。シーはお昼寝中。
b0014257_743166.jpg
ジュニアレンジャープログラムで一緒だったオレゴンからの一家族と写真をとりた~いというプー。せっかくのご家族写真まで抜けず…。すみませんでした。ここはグレイシャーポイントという絶壁の頂上。そこからプーKENZOのお気に入りの帽子飛ばして泣いた。下を見たけどくらっ。即あきらめ。
b0014257_7433020.jpg
その駐車場でばったり鹿。
b0014257_7434620.jpg
松ぼっくりも巨大。
b0014257_744258.jpg
上流の川は氷のように冷たく痛い!がシーはもろともせず遊び続ける。プーはさっさと戻ってきたが。
b0014257_7441984.jpg
シーたくさん落ちていた松ぼっくりの一部に妙に関心を持つ。
b0014257_7443318.jpg
ジュニアレンジャーのキャンプファイアー。楽しかった。
b0014257_7445221.jpg

[PR]
by taemana | 2008-07-10 07:52 | アイオワから旅行記

Montrey 夏の旅行記4

朝4時前にはSalt Lake Cityの空港へ。チェックインは4時15分から開始。丁度良い時間か。ここからサンフランシスコへ飛行機で。SFO空港から即モントレーへ向かう。が霧か火事の煙かで綺麗な海岸線が見えない。途中で浜辺へ降りて朝ごはん。
シーにとっては初の海辺。波の荒い太平洋だ~!
b0014257_718297.jpg
プーも砂遊びがしたかったのだがここは先がまだあるのでまたドライブへ。
b0014257_7181341.jpg
モントレーの水族館へ。
b0014257_7182692.jpg
海草をさわりまくるプー。後日アイオワに帰った後昆布を食べていると「それ触ったー」と一声。
b0014257_7183826.jpg


この日は1号線を下ってにんにくの街で有名?なGiloryという町に一泊。そこからヨセミテ国立公園へ。この街、アウトレットがある町なのだが、いきた~いというはかない希望もすててすぐに去った…。つづく
[PR]
by taemana | 2008-07-10 07:22 | アイオワから旅行記

Grand Teton 夏の旅行記3

イエローストーン国立公園から南下するとグランドティトンというワイオミング州にある国立公園になる。ジャクソンという街に宿をとり、そこから公園内をまわる。ウェストイエローストーンの街よりも店も多い。自分はこのグランドティトンが一番気に入った。「シェーン」という映画の背景になっているのがこの山脈らしいが見たことはない。いつか観るときにはこの景色を思い出しながらみてみよう。

ティトン山脈が絵のように綺麗。
b0014257_1144030.jpg
ジャクソンレイクの「パークレンジャーとボートに乗ろう」ツアーに参加。大人一名22ドルだったかな。忙しい時期だったのでパークレンジャーと乗ることができなかったが運転手?さんも科学の先生だけあって詳しい説明に満足。子供達はボートを運転することもできた!がプーお疲れで不機嫌拒否。結局プーとシーは最後は眠りに入ったが、標高3842mのMt Moranを間近に見ることができた。
b0014257_1144121.jpg
熊の被害にあわないように食料品は特殊な缶に入れて登山しよう!
b0014257_11442661.jpg
トレイルもシーはかなり歩いた。高原の中を山脈背景に散歩するのは気持ちよい。
b0014257_11443989.jpg
グランドティトンから去るときに通った街。ELKの角でできた門。
b0014257_11445779.jpg


ジュニアパークレンジャーのバッジをもらうにはいろいろな課題をこなさなければならない。これは親も頭を痛めながらこなしていく。それぞれの公園によって異なるが、ここは間違えなども指摘された。最後はビジターセンターにいる人たちの前でジュニアパークレンジャーの宣誓してゲット。プー完璧な復唱。これは驚いた。
[PR]
by taemana | 2008-07-09 11:59 | アイオワから旅行記